スーパーエコごはん研究家
味噌コンシェルジュ
キッチンスリムアドバイザー

桃世真弓

Cooking EcoHouse momose

キッチンスリム化計画

キッチンだけに特化した料理家目線の断捨離と導線作り

キッチンは、毎日立つ場所。
もしかしたら、一日の中でかなりの時間を過ごす方もいるかもしれませんね。

時短料理は一見料理の下ごしらえやテクニックだけと思いがちですが、もっと言ってしまえば、動きに無駄のない機能的なキッチンかどうかが大きなポイント。

例えば、料理をする時少ない動作で必要な調味料を手にすることができる場所に収納する。
代用できるものがあれば○○専用の料理グッズを一つ減らすことができる。

スーパーエコごはん研究家になり、たくさんの経験をし、必要なものだけを残し、作業場であるキッチンは機能的になり無駄な動きが少なくなりました。
キッチングッツやツールは厳選した購入するので、
本当に料理かなの?と驚かれるくらいものは少ないです。


スッキリ、機能的なキッチンにすることで導線をつくり、キッチンに立つ時間が短くします。
『エコごはん』と繋がる部分です。
動作までも無駄を無くし、時間短縮に繋げちゃうのです。

キッチンスリムアドバイザーとして活動をしよう!と踏み出すきっかけとなったのは、数多くの断捨離、収納、片付けなどの企画に携わっている編集部の方や、ライターさんの強い勧めがあったからです。

そして、何よりも問題や悩みを抱えていたクライアントさんがスリムになっていくキッチンを前に、笑顔になるのを見れたのが本当に嬉しかったからです。
でも一番は、私がこの仕事が本当に楽しくて大好きだからです。

みなさんそれぞれライフスタイルは違います。
お子さんをお持ちの方ならお子さんの成長によっても変化しますし、一人暮らしの方と家庭を持っている方でも当然違ってきます。

それのライフスタイルに合わせて、アドバイスをしながら作業を進めます。
そして重要なのはお客様に要る、要らないの決断をしてもらう。

無理矢理捨てたりはしません。
そうする事で、自分でやったんだということを実感してもらう。
私はそのお手伝いをするだけです。

自分で決断することで、リバウンドするリスクが少なくなります。
大きいものも小さいものも、高価なものも安価なものも同じです。

最初にも書きましたが、時短料理は料理の手順だけではなく、一歩踏み込めば機能的なキッチンにするということがいかに大事かという事が重要です。

一人でも多くの方がキッチンに立つことを、料理をする事が楽しくなる様な流れを作ってあげるアドバイスをすることも、スーパーエコごはん研究家でありキッチンスリムアドバイザーである私の役目かと思っています。

長くなってしまいましたが、これがキッチンスリムプランを作り活動するにあたっての私の思いです。

本当に必要なものだけを残し調味料や食材の悩みを解決した、機能的なスリムになったキッチンで生活しませんか?

料金とプランはこちらからご確認ください→初回プラン・通常プラン
お申し込みはこちらから→ 必ずお読みください

スーパーエコごはん研究家
キッチンスリムアドバイザー   桃世真弓
 

CONTACT

PAGE
TOP